My Superior Life

「ハイクラスなホテルやビジネスクラスの利用を、もっと身近に、お得に、分かりやすく」をテーマとし、旅行情報やANAマイル利用法、SFCについて、SPGアメックス等のクレジットカード活用方法を発信していきます。最近は投資についても勉強して記事にしています。

優れたサービスも利用出来ないと意味がない!クレジットカード選びには居住地も重要:ダイナースのサービスは首都圏エリアに一極集中過ぎでは?

f:id:pharmb:20180821172051p:plain

ダイナースクラブカードが大型の入会キャンペーンをやっており、それに釣られて申込したことは先日記事にしました。

現状、条件の100万円利用は不動産取得税やちょっとした物販で目途は立っており、達成自体は問題無さそうです。ただ当然ですが、クレジットカードの価値は入会キャンペーンだけではないです!過去に入会キャンペーンでドンドンマイルを貯めることをオススメしている身としては「何言っているんだ」と思われそうですが、趣旨としては1年お試しで使って良ければそのまま使い続けてみては?という話です。

今回、折角入会したのだからとダイナースの特典を試してみたいと思い色々見てみましたが、キャンペーンや特典が余りに首都圏に一極集中な気がします。もちろん、トラベル系の旅行保険等やヘルス/ビューティー系のサービスは全国共通ではありますが、それは他のクレジットでも付帯するサービスで「ダイナースならでは」では無いです。その場合、それなりの年会費を払ってダイナースを持つ意味は無いため、地方の方でダイナースの申し込みをされた場合は結構離脱してしまうのでは無いでしょうか?恐らく私も2年目は無いですが、ダイナースの地域別加入者数が気になるところですね。

スポンサーリンク

 

 クレジットカードサービスの地域格差

前提ですが当然、一定レベルの地域によると偏りは仕方ないです。例えば札幌には「JRタワースクエアカード」と言う恐らくローカルでありながら、札幌に住んでいる方であればかなり高い割合で持っているカードがあります。当然、JRタワーでの利用でポイントがUPするので札幌在住でステラプレイス等に良く行く方にはオススメできますが、札幌近郊に住んでいない方には魅力は薄く、特典も享受出来ないでしょう。JALカードも例えばJAL便が無い空港の近くに住んでいる方にとっては余り恩恵を感じる事のないカードかも知れないです。それでも「このカードを作ったけど、実際に使えるサービスが無いじゃないか!」と言うトラブルを聞かないのは、こういったカードは地域以外ではキャンペーンをやっていなかったり、存在を知らなかったりするためでしょう。

f:id:pharmb:20180821173638p:plain

さらに地域だけでなく、年代の格差、ある特定のサービスを利用する方の格差、年収による格差、色々あると思います。旅行に毎月のように行く人と、「飛行機になんて乗りたくも無い!」と言う人ではその人に最適なクレジットカードは変わってきます。出張にガンガン行くサラリーマンと、年間数回海外旅行に行くシニアで空港のラウンジサービスや旅行保険、手荷物宅配等の利用頻度が異なり、受けられる恩恵が異なるのは仕方ないと思います。 カード選びの際は、ライフスタイルや想定される利用金額、旅行の頻度や行先、様々な観点からどのカードでメリットが大きいか、特典を享受できるかを考える必要があります。

スポンサーリンク

 

特徴的なサービスが首都圏エリアに一極集中

そういった事情はもちろんあるとしても「ダイナースクラブカード」はやや異色に思えます。例えば下記は、本日時点での会員を対象にしたイベントの紹介(https://www.diners.co.jp/ja/event.html)で、上から7個を切り取ってみました。場所は東京、銀座、全国レストラン、東京、茨城、神奈川、関東・・と言う具合です。これを見る感じでは「まぁ地方でイベントをやっても何だし、人の集まる東京近郊での開催に集中するのは仕方ないかな」くらいには思えます。特に私も言っておきながらイベントに参加したいワケでは無いです(*´з`)

f:id:pharmb:20180821183329p:plain

ただ、ココからは結構残念な所。ダイナースには「ごひいき予約」と言う面白いサービスがあります。前にニュースで話題になっていましたが、急な予約のキャンセルとレストランを探す方を繋ぐというもので「ビジネスモデル特許」を取得中とか。

f:id:pharmb:20180821183856p:plain

ダイナースクラブ ごひいき予約|ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード

さすが「食に強いダイナース」のサービスだな、と感じます。まずは利用するしないに関わらず「折角だから登録を・・」と思って調べていると・・対象店舗で、札幌だけでなく北海道~東北は一切店がありません。約70店舗の登録がありますが、関東エリアだけで8割、後は関西2割と福岡1店舗・・。

https://www.diners.co.jp/content/dam/diners/pdf/gourmet/gohiiki/gohiiki.pdf

とは言っても「ごひいき予約」は比較的新しいサービスなので、「まだ対象店舗が広がっていないのか」くらいには思えます。しかし次のダイナース特有のスマートなサービス、当日のお会計が不要な「サインレス・スタイル」も・・

f:id:pharmb:20180821185213p:plain

対象37店舗中27店舗が東京エリア、残り10店舗も大阪エリアで、他の地方は一切ないです。究極のサインレスと思える面白いサービスも、本当に一部でしか提供していないんですね。このサービスは調べた限り、2009年くらいからスタートしているはずなのですが・・。

ダイナースクラブ 優待検索|ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード

さらに、予約の取りにくい高級料亭を、ダイナースが代わりに予約してくださる「料亭プラン」。これも通常のゴールド級カードではなかなか見られないサービスのはずです。調べて見ると、その店の少なさ。計9店。そして東京6店と愛知3店。うーん。

料亭プラン|ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード

色々書いてきましたがポイントは、上記で紹介した特典やイベントはダイナースの特徴的なサービスだと思ったから調べたのです。それが居住地でほとんど利用出来ないとなると、利用価値はどこにあるのかなと思ってしまいます・・すみません毒を吐きました。ただ他のクレジットカードで代替可能なサービスであれば、わざわざ年会費22,000円を出して持つかと言う話です。

スポンサーリンク

 

ダイナースの戦略は知る由も無いですが、余りリスクは取らない方針なのでしょうか。確かにマーケティング的に地方はクレジットカードの利用も少なく普及も遅れているのは事実だと思います。

地方創成のカギはクレジットカード決済対応にあり!?

そして都市GDPや人口の面で首都圏・関西圏に集中投資するのは間違ってはいないのかも知れません。恐らくダイナースの規模的に首都圏・関西圏に集中しないと、どこも中途半端になってしまうという事なのでしょうが、ここまでサービスに偏重が有ると地方民としてのダイナースへの印象は少し微妙です。

ダイナースは首都圏・関西圏の方にとっては利用価値あり!しかし・・

結論として何が言いたいかと言うと、ダイナースは首都圏・関西圏在住の方(もしくは出張等で頻繁にそのエリアに行かれる方)に取ってはサービスを受ける環境が整備されており、より価値の高いカードと言えそうです。HPで華々しくプレゼンされているサービスの多くを享受できるはずです!一方でそういった場所に滅多に行かない方や地方在住者とっては純粋に海外旅行サービス等しか利用価値は無く、コスパ面で優れているかと言うと微妙です。もちろん他のクレジットカードにもそういう面はありますが、特にダイナースは顕著に感じました。

 

クレジットカード選びをする際に魅力的なAと言うサービスがあると言うのは重要だと思います。多くのカードに付帯するサービスが横並びなので、特徴的なサービス(ダイナースでは「ごひいき予約」「サインレス・スタイル」等)があるというだけで優位に見えて発行してみようと。ただ、それが現在の居住地や旅行先で本当に利用可能か、と言う事はそれ以上に大事かも知れないです、マイルの特典航空券発券と似たような話ですね。ダイナースのサービスを表面的に調べて「面白そう!」と思いましたが結局滅多に利用出来ないのであれば価値は無いのと同じに感じてしまいます。結論は、クレジットカードのサービスの価値を考える際には居住地も含めたライフスタイル・トラベルスタイルを考えて発行することが重要!と言う事です。

以上「優れたサービスも利用出来ないと意味がない!クレジットカード選びには居住地も重要:ダイナースのサービスは首都圏エリアに一極集中過ぎでは?」でした!

スポンサーリンク

 

もちろん、ダイナースにも地域を選ばず全員が利用できるサービスは多くあります。ただし、そういったサービスは他のクレジットカードにも似たようなものがあり付帯しているため「それなりの年会費を支払ってダイナースで無ければならない?」と言われると、少し微妙です。理想的には「日本全国で利用可能」で「ダイナースだけ」のサービスと言う一見矛盾も感じるサービスが何かあれば、保持者の満足感や納得感が高まっていき、ダイナースブランドが広まっていくのでは?と思います。ハワイ等の旅行先で特徴的なサービスを打ち出すのは良いですね!

地方のクレジットカード普及の面では、先日も札幌のタクシーでクレカ利用を申し出たら「機械を立ち上げるのに時間が・・」と酷く面倒な様子でした。個人的にはクレジットカードや電子マネー決済が地方でももっと利用しやすくなれば、と思っていますが、未だにカードを使っても時間的に損をするようなケースもままあります。その中で卵が先か・・の話になりそうですが、今回の「ごひいき予約」のような魅力的なサービスが利用出来ないために折角クレジットカードを作っても結果解約してしまい、さらに普及が進まない、さらにサービスも拡充しないという負のスパイラルの面もあるのかなと思ったりもします。ダイナースブランドが地方にも広がってくるのを1年見守って行きたいところです。偉そうに色々と毒を吐いて失礼しました_(._.)_

f:id:pharmb:20180823024756j:plain

 スポンサーリンク