My Superior Life

「お得にちょっと上質」をテーマに旅行情報やANAマイル利用法、SFCについて、札幌での生活、ときどき薬剤師らしく健康に関する情報を発信していきます。

北海道のソウルフードジンギスカンで地元民がオススメする「サッポロビール園」をご紹介

f:id:pharmb:20170913175051j:plain

ジンギスカンを食べたことはありますか?

独特のくさみのために苦手な方もいらっしゃるかもしれませんね。それでも北海道に来たら是非食べてみてください。最初は苦手に感じるかもしれませんが、食べているうちに段々ハマってくる人も多いです。

今回は観光の方からの知名度が高いだけでなく、道民からの支持も厚いオススメ店・サッポロビール園の紹介です。

 スポンサーリンク

 

まずは場所ですが札幌駅北口からバスかタクシーで10分程の場所です。歩きでも行けますが少し遠いです。

バスで1人210円掛かることを考えると、3~4人であればタクシーがオススメです。700~800円程で行けます。ただし札幌のタクシーはタバコ臭かったり、サービスも微妙だったりでどうも相性がよく無いです。最近は少し時間が掛かってもMKにお世話になっています。

タクシーで付くと総合受付のそばに止めてくれます。レストランが複数あり、先にこちらで受付が必要です。

f:id:pharmb:20170913180412j:plain

予約することも出来ますが、ランチは土曜日でもあまり混雑していませんでした。夜は団体で混みあう事もあると思うので、予約しておいて間違いないと思います。近くには飲食店が少ないので「混んでいるから別の場所に~」と言うのはちょっと難しい場所です。

f:id:pharmb:20170913180658j:plain

5つのレストランがあり、希望の場所を伝えると空き状況を確認してくれます。空いていれば受付で紙をもらってレストランの受付に向かう流れです。最も有名で観光誌でも写真付きで紹介されているところが「ケッセルホール」かと思いますが、今回はこちらをセレクト。

f:id:pharmb:20170913181422j:plain

各レストランはメニューや雰囲気が異なります。具体的には下記サイトで確認頂ければと思いますが、雰囲気では「ケッセル」、お寿司の食べ放題も出来るのが「トロンメル」、少し高級感が漂うのが「ガーデングリル」という感じかと思います。

混雑で待つことになったとしても見学無料の「ビール博物館」が併設しているので時間を潰すのには最適です。以前行きましたが、結構見ごたえあります。

サッポロビール博物館 | 工場見学とミュージアム | サッポロビール

ギフトショップも併設しており、限定のお土産があったりします。

f:id:pharmb:20170913181205j:plain

f:id:pharmb:20170913181213j:plain

 スポンサーリンク

 

さて、「ケッセルホール」へ移動です。

総合受付の隣のレンガ造りの建物です。外観からして雰囲気がありますね。

f:id:pharmb:20170913182614j:plain

ちょっと写真が微妙ですが、中の雰囲気です。インパクトのあるビールの貯蔵タンクのようなものの下でドリンクを作っています。

f:id:pharmb:20170913182425j:plain

広々しており、特に臭いも気になりません。混みあうと2階にも案内されると思いますが、この日は使用されていないようでした。店員さんも大勢いてくれるので、ちょっとしたアイコンタクトですぐ注文を取りに来てくれます。

f:id:pharmb:20170913182432j:plain

ジンギスカン鍋は北海道感のあるデザインです。このはみ出た所でも焼けるのがポイントですね。コンロは年季の入ったものですが、逆に良いです。

f:id:pharmb:20170913182456j:plain

タレと塩コショウです。ジンギスカンのタレはとても重要で、その店の心臓部と言ってもいいものです。サッポロビール園は柑橘系が香るサッパリしたタレです。

紹介しておきながら私は柑橘系が苦手なので、ずっと塩コショウで食べていました。この方が脂の味がより楽しめる気がします。

f:id:pharmb:20170913182458j:plain

通常は食べ放題で頼みますが、この日はそれほど食べられないだろうと判断し、アラカルトで注文しました。味は肉の質が良いのか、臭みもほとんどなく美味しくいただけます。

f:id:pharmb:20170913182525j:plain

さて焼き方ですが、鍋が独特の形状で最初どのように利用したら良いか分からず戸惑う事もあるかと思います。そこで何人かの道民に聞きましたが、特に決まりはないようです。

それでも流派は2つあり、「野菜を鍋の周りに入れて、肉を真ん中で直接焼くスタイル」と「野菜を全体に乗せて、その上から肉を乗せる蒸し焼きスタイル」の2パターンがあるようです。やはり肉は直接焼くものと思っているので私は前者派ですが、店によっては蒸し焼きスタイルをオススメされる場合もあり、それはそれで美味しいです。分からなかったらお店の人が教えてくれるので、聞くのが一番ですね。

 

そしてこちらの丸いお肉が「トラディショナルジンギスカン」です。

ちょっと何を言っているの分からないかもしれませんが、ジンギスカンの肉には種類があり、主に「生ラム」「トラディショナル」です。店によっては「生ラム」をタレに漬け込んだ「味付け」がメインの場合もあります。

生粋の道民の方にジンギスカンと言うと「トラディショナル」を指す事が多い気がします。もちろんスーパーにも冷凍で売ってたりして、しゃぶしゃぶして食べる「ラムしゃぶ」なんかも結構やったりします。

f:id:pharmb:20170913184748j:plain

とにかくその人のスタイルで楽しめばOKです。あまりマナーやしきたりは無いので「食べ方が違う」なんて言われることはないです。

 

最後に他のオススメ店を紹介します。

札幌エリアには多くのジンギスカンの店がありますが、個人的に美味しいと思えるのはここ「サッポロビール園」と「味の羊ヶ丘」、「北とうがらし」です。

ジンギスカン以外で羊料理と言えばこちらが良かったです。

札幌に来る機会があれば、ぜひジンギスカンにトライしてみてください!

 スポンサーリンク