My Superior Life

「ハイクラスなホテルやビジネスクラスの利用を、もっと身近に、お得に、分かりやすく」をテーマとし、旅行情報やANAマイル利用法、SFCについて、SPGアメックス等のクレジットカード活用方法を発信していきます。

ポイントサイトの高額不動産投資案件は恐くない!?資料請求や面談でやらかしたorやらかされた失敗事例&対策!

f:id:pharmb:20180419113534j:plain

最近、ポイントサイトでワンルームマンション投資を始めとした不動産投資案件が再度盛り上がっているように思います。ポイントに釣られて「シノケン」の面談を行い、まんまと1棟アパートを買ってしまった事は記事にしました。

これまでポイントサイトの案件だけでなく、個別に不動産業者へ面談の申し込みも含め計数10件こなしてきました。立地的な面で北海道での面談は難しいと言われることが多く、わざわざ出向いて直接面談してくださった業者さんは少ないものの、電話での面談はそれなりに経験あります。その中で失敗談もありつつ・・具体例と共に、経験で学んだ対策をまとめてみようと思います。

 

不動産投資の営業と言うと「購入するまでしつこい」「断っても仕事場まで電話が掛かってくる」と言うゴリゴリの営業を想像される方もいらっしゃるかも知れません。実際土地持ちの方の家には大〇建託等の営業さんが、かなりの頻度で訪問し、カレンダーや時計を置いてくと言う話も聞きます。実際のポイントサイトに出ているようなワンルームマンションやアパート投資の営業はどうなのでしょうか?

「不動産案件のポイントは魅力的だけど、営業ってしつこい?」

「やってみたいけど、営業が強そうで嫌だ!」「注意点を知りたい!」

と言う方に実際の体験談をお伝えできればと思いますので、参考になれば幸いです!

f:id:pharmb:20180419151557j:plain

スポンサーリンク

 

 やらかしたorやらかされた失敗事例

1)鳴らない電話・・

約束の時間に鳴らなかった電話の話です。

不動産会社を紹介する仲介会社利用の案件がポイントアップになっており、広告上は興味のある「新築アパート1棟投資」も紹介対象のようだったので、即申し込みました。その仲介会社から事前にヒアリングがあり「後日貴方に合った不動産会社から連絡が入ります!」と言われ、期待して待っていました( *´艸`)

 

そして後日、不動産会社からまずはメールが入り、条件面の詳細と電話可能な日時の候補を、との事だったので「〇日と△日の午前可」と幅を持たせて返信!当日の電話を待ちます。結果、〇日は入電なし。「△日に電話かなー、けど普通は初日に来ないかな」と思っていました。

 

△日当日、11:30になっても電話は来ず「おかしいな~日時間違えたかな~」と思って見ると・・合っています。その後も待ち、結局12:00になっても電話は鳴らず「おかしいな~電話が壊れているのかな~やだな~怖いな~」と思って、結局用事で出掛けることにし、その日は一度も電話は鳴りませんでした。

 

後日謝罪と、改めて「◇日の9時~11時に電話させて頂きます」とのメールが!少しイラっとはしましたが、まずは間違っておらず安堵です。

 で、◇日当日、10:30になっても鳴らず「あれ~やっぱり電話が鳴らないな~やだな~」と思って11:00まで待っても一向に鳴る気配も無いです。この時になると流石に軽く切れ気味です(#^ω^)続きます。

2)「うちで扱っていないです(笑)」

1)の話からの続きです。結果、後日全く脈略の無い時間に入電。

「いやーすみません、遅くなりましたー」と悪びれもせず言われました。普通であれば即ガチャ切り案件でしたがポイントの事もあり、一言釘を刺した上で話だけは聞くことにした所、衝撃的な一言が!

 

「うちの会社、アパートは余り扱っていないんですよねー(笑)ワンルームマンション興味ないっすか?」

(# ゚Д゚)!!

 

どうも「不動産投資で条件に合った会社を紹介します!」と謳って、最終的にワンルームマンション投資の会社を紹介する会社だったようです。もしくは紹介会社というのはダミーで、最初からどちらもワンルームマンションの営業会社だったのかも知れません。で、話を進めるとワンルームマンションであれば面談すると言うニュアンスになり、ポイントはどうでも良くなりガチャ切りし終了・・。本当に時間の無駄でした。

3)「頭金2,000万円は用意してもらわないと(笑)」

微妙な敗北感を味わっただけの会社にも出会いました。最初資料請求するときも「ちょっとハードル高いかも」と思えるようなHPの雰囲気でしたが、入居率99%の土地付き新築アパート投資と言う触れ込みに魅かれ資料請求と面談を希望してみました。

 

先に資料が届き、それなりに立派ではあるものの、会社の紹介がメインで物件の詳細や必要な金額等がありません。このままでは埒が明かないので電話を待つことに。後日入電。会社の説明を軽くしてもらいましたが・・

営業「弊社は富裕層の方向け(ここを強調)に投資用アパートを建てておりまして・・失礼ですが資産はどれぐらいお持ちですか?」

私「ええと、すぐに頭金で出せそうなのは〇〇万円くらいです。」

営業「いえいえ違います(笑)全ての資産を合わせてどのくらいかと言うことです。私共は先ほども言いましたが、富裕層の方向け(強調)の不動産投資でして、頭金は最低でも2,000万円は用意して頂かないと難しいです(笑)」

(# ゚Д゚)!!

 

庶民が勘違いして「富裕層向け」に迷い込んでしまったようで。こちらも時間の無駄だったので負け惜しみを述べてガチャ切りです。わざわざ富裕層とか強調しなくても、「頭金は最低幾ら必要です」だけ言ってくれれば助かるのですが(~_~;)

f:id:pharmb:20180419161203j:plain

スポンサーリンク

 

失敗しないポイント獲得&不動産会社選び

さて、上記のような失敗をやらかさない&やらかされないために対策やポイントサイトでの重要なポイントをまとめていこうと思います。

1)ポイント条件は入念にチェック

ポイント獲得が主目的で無いにせよ、確実にポイントGETのためには条件の見逃しには注意が必要です。もちろん、細かい条件を満たしていなくともポイントが可決されること実際はもあります!ただ、それはラッキーなだけで、確実にポイントを獲得するには条件を満たしていないと後から否決になった場合も抗議が出来ないです。

 

「関東の方限定」「年収〇百万以上」「勤務先の確認(ケースによっては名刺交換)」は基本ですが、紹介会社の場合は「面談完了後、電話でのアンケートに回答が必要」と言うのもあります。北海道に住んでいると、面談までなかなか行きつかない事も多いですが、関東関西圏の方は条件を慎重に確認し確実にポイントをGETしてください♪

 

具体的な方法や条件は時期によっても変動します。そのためいわゆる「人柱」トップブロガーの方々の最新情報が非常に役に立ちます。以下記事は少し前の話ですが、大変参考にさせて頂きました。

2)どのような案件を扱っているか、属性とマッチしているか

失敗談にも書きましたがポイントも獲得したいけどそれなりに不動産投資にも興味のある方はある程度、目指すキャッシュフロー・投資規模(数千万/億以上)・何に投資したいか(マンション/アパート、新築/中古)・エリア等は明確にしてから臨むと良いかなと思います。会社のHPや施工事例、取引銀行や口コミは貴重な情報源です。

 

ポイントだけ目当ての方は明らかな嘘のない範囲で答えれば良いと思いますが、本当に投資したいのに、全く関係のない会社やミスマッチが起こるのは悲劇でしかないです。色々な投資話を聞きたいと、とりあえずガンガン案件だけ申し込むと言うのも否定はしませんが先にどんな会社で、どの規模の投資を扱っているのかを調べておくとお互いに時間の無駄をしないで済むかも知れないですね!

3)若すぎる会社は注意!営業もややしつこい

「大手だから」「CMをやっている会社だから」と言って信用があるわけでは無い事は理解しています。中にはサブリースでオーナーとトラブルになっている大手もありますし。それでも余りに若すぎる会社は注意したい所です。

 

不動産業者は基本が手数料ビジネスのため、独立開業が比較的多い業界のようです。そのような会社が営業力だけで提案してくる事もあり、私も実体験で損しかない案件を、物凄い自信で提案されたことがあり「あれ、こっちの理解が間違ってるのかな?」と思ったことがあります。勢いだけで売れてしまうのが不思議ですが、あれはあれで「営業力」と言う事なのかもしれないですね。そのような会社は断っても何度かは電話が掛かってくることがあります若い会社に「責任をもって何十年管理します!」と言われてもなかなかピンと来ませんが、実績のある会社は、金利上昇や空室・家賃下落のリスクできちんと数字を持って答えてくれる点は安心です!

f:id:pharmb:20180419154841j:plain

スポンサーリンク

 

4)電話番号やメールアドレスの扱い

「いつも使っているメールアドレスや電話番号は不動産業者に教えない方が良い」と言うアドバイスも聞きますが、これまで数10社に資料請求した私でも、しつこい営業電話が掛かってくることは殆ど無いです。資料請求だけしてみた楽〇生命の電話の方がしつこい(^-^;

メールもたまには来るものの個別の営業ではなく、一斉送信のものなのでフォルダを分けておくことで仕分け可能です。個人情報の扱いに厳しくなっているのか情報が洩れて、他の会社から営業が来る、と言う事も経験が無いです。そのため、現状「それほど気にする必要は無い」と言えます。

5)年収や預貯金の額の扱い

クレジットカード発行の裏技的に年収や預貯金を、特に意図はなく「四捨五入」したりする方もいると思います。決して誰がやっているというわけではなく、世の中には大雑把な人もいるという話です( *´艸`)しかし、不動産投資において営業の方に提案頂くときは、正直に預貯金額・年収・投資に使える金額等は伝えた方が良いです。

 

もちろん中には失敗談のように「うちは頭金2,000万から」と言う会社もありますが、基本は頭金に使える金額が50~100万程度でも親身になって提案やアドバイスを頂けたりします。見栄を張って使えない額を言うよりは、現実的な提案を頂くために自身の情報は正確に業者側に伝えると良いと思います。最終的に購入となると源泉徴収も通帳も必要ですし!

1棟新築アパート投資で実際に諸費用等100万以下で建てられました ↓

以上「ポイントサイトの高額不動産投資案件は恐くない!?資料請求や面談でやらかしたorやらかされた失敗事例&対策をまとめます!」でした。

結論としては「不動産投資案件は思ったほどしつこい営業も無く、ポイントも高額で投資自体も魅力はあるので話だけでも聞くのはアリ!」と言えます。一方で中には「営業力」の強い(中にはゴリ押しを営業力と勘違いしているところもありましたが)会社もあるので、不要な投資を行ってしまわないように注意しないといけないです。営業の方の話術は素晴らしい事もあり、ヒルトンの営業で無料宿泊を頂いたときは「あれ?ヒルトンのタイムシェアを今買わないのってもしかして損してないかな?」とまで思えてしまいました。結局私の属性とライフスタイルでは現状不要と考え直しましたが、良い夢は見れました(^^♪

「不動産投資を検討していて、勉強のために色々な会社の話を聞きたい(ポイントもついでに欲しい)!」と言う方はひょっとしたら少ないかもしれないですが、私の事例のようにダミーの会社を挟んで、結局背後にはワンルームマンション投資が待ち構えていたりする可能性もあるので注意が必要です。さらにポイントを出している以上は何か事情があることは明白で、投資そのものに魅力を感じる事は稀な気がします。

 

シノケンや他のアパート業者は反響営業オンリーでやっている場合がほとんどですし、話を聞くと反響営業や紹介のみで手一杯と言う事のようです。そしてそういった会社はしつこい営業等は本当にせず「不要であれば良いですよ。また機会あれば教えてください!」と言って本当に連絡がありません('_';)売る気が無いのかと思いましたが、他で売れちゃうからのようです。それでもサラリーマンへの融資が厳しくなる状況で、私の希望や融資枠にピッタリハマる物件があり、そういう場合に連絡をいただけたのが先の記事で紹介したアパートです。

是非不動産そのものに興味のある方はポイントサイトも良いのですが、そういった会社にアプローチを掛けて、話だけでも聞いて頂けたらと思います。