My Superior Life

「ハイクラスなホテルやビジネスクラスの利用を、もっと身近に、お得に、分かりやすく」をテーマとし、旅行情報やANAマイル利用法、SFCについて、SPGアメックス等のクレジットカード活用方法を発信していきます。

2017年11月ホクラニ・ワイキキ宿泊記② カラカウア通りを一望できる屋上ビューや館内設備を紹介 & 徒歩圏内オススメ朝食スポット厳選3店♪

f:id:pharmb:20171223020632j:plain

ホクラニ・ワイキキ宿泊記の後編です。

この記事では、メインの「屋上の紹介」、「ランドリー等の館内設備」、そして「徒歩圏内の朝食スポットでオススメ3店」のご紹介と3本のテーマで書いていきます。ホクラニ・ワイキキに宿泊予定の方は必見です!

 

このホテルはビーチに面しては無いので、一般的にハワイで期待されるビューは他のホテルより劣ります。一方で前編で紹介させて頂いたスイートタイプの部屋&キッチン、そしてスーパーへの買い出しやふらっと朝食に行ける立地・周辺環境を含めて総合的に満足度の高いホテルです。何でも揃っているので、どんな選択肢も選ぶことが出来るという点が良いところです。他のホテルではその建物で完結してしまい、それはそれで良いのですが、ホノルルと言う街全体を面で楽しむことの出来る、そんな素晴らしい宿泊だったと言えます。

↓ 前編はこちらから

↓ 今回のハワイ旅行はANAビジネスで行きました!

↓ 雨季のハワイ。気になる天気はどうだったのか!?

スポンサーリンク

 

 プール

巷では「足湯」と揶揄されるホクラニ・ワイキキのプールから紹介していきます。天下のヒルトンのプールはどうだったのでしょうか?

f:id:pharmb:20171223015038j:plain

あれ?黄色いビニールテープ・・?

f:id:pharmb:20171223015048j:plain

そして誰も入っていません・・

f:id:pharmb:20171223015051j:plain

実は、滞在中ずっと入場禁止でした・・。

もちろん事前にアナウンスがあり出発の何日か前にTELで「メンテナンスのため入ることが出来ません。」と言われていました。その期間が結構な長さだったため「足湯プールを改装し、広いプールを作るのでは?きっとそうだ!」と盛大に勘違いし、それならブログに画像を載せようと見に行くとこのザマです。やはり見事に「足湯プール」のままで、本当にメンテナンスだけのようです。このメンテナンス期間は確か滞在後1週間程度までだったと思うので、現在は当然入れるはずです。

 

そもそもハワイにいる本土の方たちはプールサイドにいてもプールは入らず日光浴オンリーの方がほとんどですね。プールの存在意義や捉え方が少し異なるようで、このプールで海外の人にとってはきっと十分なんでしょうね・・これを「プール」と呼ぶか否かは個人的には微妙です。泳ぐ事はほぼ出来ず、浸かる感じですね。まぁヒルトンが「プール」と言うのですからその通りなんでしょう。

 

今回のメンテナンスについて、「滞在中プールが使えないが何か補償はされない?」

、「せめてヒルトン村のプールを使えないのか?」と申し出てみましたが、何れも「NO!」です。ヒルトンは残念ながらこういった面でホテル間の融通は利かないようです( `ー´)ノ

 

とは言ってもこの屋上、なかなか素晴らしい場所です。微妙なことがあれば当然良い事もあるもので、プールが閉鎖中となっている事で屋上に来る人はほぼおらず、やりたい放題です。

f:id:pharmb:20171223020632j:plain

背の高いホテルとは一定の距離が取られているため、視線を気にする必要もなく開放感もあります。甲羅干しには最適ですね!

f:id:pharmb:20171223020641j:plain

シェラトン、ハレクラニ、アウトリガーの一流ホテルが並んでいます。真正面は滞在中一度関西弁のおばちゃんに声を掛けられたタイムシェアの一角・ウィンダムですね。まさかビーチタオルの色で滞在先を当ててくるとは思いませんでした。

アクリル板を介しての撮影なので、少しボヤけているのはご容赦ください。

f:id:pharmb:20171228015037j:plain

カラカウア通り、ロイヤルハワイアンセンター、そしてやや遠くにピンクパレスが見えます。喧騒をこの位置から眺めるのは不思議な感覚です。

f:id:pharmb:20171228015043j:plain

ファミリー向けのカバナ的なスペースも用意されており、使い放題!

f:id:pharmb:20171223020659j:plain

一番奥のスペースに座るとプライベート感があります。人がごった返している日中のハワイで、ここまで落ち着いたスペースはなかなか無いのではと思います。逆に贅沢!

f:id:pharmb:20171223020716j:plain

バーカウンターの裏にはシャワーがあります。

f:id:pharmb:20171223020538j:plain

夜になるとなかなかムードも高まります。写真ブレブレですみませんが、少し補正を掛けており、実際はもう少し暗いです。そしてやはりバーのスタッフ以外誰もいません。

f:id:pharmb:20171228020232j:plain

こちらの画像が実際の暗さに近いですね。大体、現地時間夕方18時の様子です。

f:id:pharmb:20171228020250j:plain

実際に寝転がって見られる夜景。これはこれで良いのですが・・

f:id:pharmb:20171228020314j:plain

やはり夜景は見下ろす感じがベストですね。正面に見えるスカイ・ワイキキが18階、ホクラニ・ワイキキが14階ですが、あまり差は感じません。大勢の人や車が行きかう中、殆ど喧騒は聞こえないという状態は何故か心地が良いです。

f:id:pharmb:20171228020345j:plain

こちらのホテル側の風景は夜になると余り面白味は無いです。

アクリル板にビルが映ってしまい、シェラトンの横に謎の建物が出現してしまっていますが、これは仕方がないヤツです。

f:id:pharmb:20171228020352j:plain

屋上のまとめです。

プールは残念な感じですが、「全体的な風景や居心地は意外と良い」と言うのが正直な感想です。リラックススペースが広くとられており、ビューもシティ派にはオススメです。ただスペースをやや持て余し気味に思うので、プールはやはりもう少し広くしても良いと思うのですが。

是非、日中と夕方それぞれで1度は訪問してみてください!

スポンサーリンク

 

館内設備

続いて館内設備の紹介です。エレベーターはロビー階ではカードをかざして指定の階のみに行ける仕様です。セキュリティはしっかりしており安心して滞在できます。各階からロビーや屋上はボタンを押すだけ。

f:id:pharmb:20171228024115j:plain

各階にランドリー室が完備されており、上が洗濯機、下が乾燥機で2台ずつあります。それほど各階の部屋数も多くないので、夜でも2台とも使用中と言う状態は無く、スムーズに利用可能です。

f:id:pharmb:20171228024129j:plain

 利用方法も日本語で書いてあり分かりやすいです。他のホテルと異なり無料な所もポイントが高いですね。確かどこかにアメリカのものでパワーが強く、日本の衣料はややデリケートなモードで洗った方が良いと記載があったので、その通りにしました。

f:id:pharmb:20171228024203j:plain

ダストシュートも同じ部屋にあり、当然キレイで臭い等もありません。部屋に清掃は入りませんが(当然、その分チップは不要)、ゴミが溜まったらいつでもこちらに捨てることが出来るので気になりません。

f:id:pharmb:20171228024155j:plain

ロビー階のテラスは開放的で気持ちいいです!

f:id:pharmb:20171228195540j:plain

この写真の左下の位置にホテル内のカフェもありますが、ワイキキビーチウォーク直結でどこに行くにもアクセスが良く、利用はしませんでした。宿泊中利用している人も見かけませんでした。雨の日には便利かも知れませんが、この晴天では外出がベストです。

f:id:pharmb:20171228195549j:plain

あと、3階にフィットネスがあるようですが今回はそちらもパスです。他の方のブログに記載がありましたが、設備はランニングやクロストレーナー等の有酸素系とダンベルのみのようです。

スポンサーリンク

 

ホクラニ・ワイキキ周辺のオススメ朝食スポット厳選3店!

 1)チーズバーガー・ビーチウォーク

まずはこちら!「チーズバーガー・ビーチウォーク」です。

f:id:pharmb:20171228200630j:plain

なぜこの店を最初に紹介したかと言うと、実はホクラニ・ワイキキのロビーから徒歩10秒と言う便利さのためです!

↓ ココです!右へ進むとすぐにホクラニのロビー。

f:id:pharmb:20171228200615j:plain

そして公式ページに記載がある通り、Breakfast Specialsが6.99ドルです。

その内容がこちら!朝には丁度良い内容と量です。コーヒー付き!

f:id:pharmb:20171228201436j:plain

私は折角なので、少し贅沢をして店名のチーズバーガーをオーダー。非常にジューシーで朝から大満足なお皿です。ナイフで切って食べましたが、アメリカ人的にはやはり齧り付いて食べるのが正解なのでしょうか?

f:id:pharmb:20171228201440j:plain

こちらの店、日本語は通じませんでしたが店員さんの気遣いや声掛け等のサービス面はなかなか良く、日本人でも入りやすい万人にオススメ出来るお店でした。そして朝はお客さんが少なく、ビーチウォークの開放的な雰囲気も存分に味わえます。ホクラニ・ワイキキに泊まった際は是非1度は行ってみてください。

f:id:pharmb:20180101011647j:plain

スポンサーリンク

 

2)エッグスンシングス(サラトガ本店)

次はこちら、ご存知「エッグスンシングス」(サラトガ本店)です。

f:id:pharmb:20171228201934j:plain

超有名店で日本にも続々出店しているので、今更感はありますがこちらもホクラニから非常に近いロケーションです。ロングスドラッグスを越えて見えてくるハードロックカフェの裏に位置します。

飲食スペースは2階です。他の時間帯は分かりませんが、朝食時間帯は大勢の方が並んでいるように見えても意外とすぐ順番は来ます。

並び方として、まずは1階で店員に声を掛けて人数と名前を伝えましょう。その後しばらくすると呼び出しのベルがもらえます。それが鳴ったら2階に行けばOKです。ベルを貰うまでは店の前にいた方がベターですが、貰ったら隣にあるショップにも電波は届くらしいので少しは近辺をウロウロして良いようです。

混雑している時間帯に行きましたが大体20分程度で入れました。店員さんも忙しさを見せない陽気さで、雰囲気も良かったです。

こちら定番のパンケーキです。シロップは通常のものと、グアバ、ココナッツがありますが、ココナッツが美味しく、シロップでデロデロにしても意外とサラッと行けるくらいです。ホイップクリームもクドくなく、これなら何枚も行ける!

・・・と思っていましたが、事情により私が5枚中4枚を食べることに。さすがの甘党でも朝からそれなりの大きさのパンケーキ4枚は重たかったです。

f:id:pharmb:20171228201932j:plain

こちらも名物「本日のスペシャルオムレツ」です。中身はチーズとベーコン、トマトでした。付け合わせは白米、玄米、ポテト、パンケーキから選べますが今回は玄米をセレクト。大体カップルで行く場合は朝はこの2品で十分です、これ以上は一度途中まで食べてからお腹と相談した方がいいです。

f:id:pharmb:20171228201938j:plain

あとこちらのお店は会計の仕方も日本式です。最後レジに行き並んでお会計となります。入店の仕方や会計の仕方は少し異なりますが、ハワイ感もあり居心地のいい朝食スポットでした。

f:id:pharmb:20171228204435j:plain

3)アイランド・ヴィンテージ・コーヒー

最後は皆さんご存知、ロイヤルハワイアンセンターの「アイランド・ヴィンテージ・コーヒー」です。少し歩かなければならないように思えますが、ホクラニ・ワイキキからは道路を1本渡るとすぐにロイヤルハワイアンセンターの端に入れるので、思っているよりはすぐ着きます。

場所は説明不要ですね。ロイヤルハワイアンセンターの中央2階です。

f:id:pharmb:20171228204712j:plain

少し失敗だったのは、英語力不足によりテイクアウト仕様となってしまいました・・もちろん通常はマグカップでの提供です。外資時代はTOEIC850越えでしたが錆びついてしまったようです。言葉は使わないとダメですね、もっと海外に出ていけるようマイルを貯めます!

少し食べかけの画像で何ですが、このアサイーボウル「想像の3倍くらい美味しい!」です。本当にペロリと行けますし、バナナ等のフルーツも豊富で朝食に最適です。定番過ぎて避けていましたが、それなりの理由があるので未だの方は是非1度お試しください!

f:id:pharmb:20171228204720j:plain

こちらのカフェもオープンエアな席が結構あり、気持ちよく食事出来ます。このツリーの右側ですね、エスカレーター昇ってすぐです。ちゃんとした食事メニューもあるようなので、到着日のランチにも良いかも知れないです。

f:id:pharmb:20171228210657j:plain

スポンサーリンク

 

前編、後編でお送りしたホクラニ・ワイキキの紹介は以上です。

 

これまでハワイでは海の見える部屋にしか泊まって来なかった私がホクラニ・ワイキキに泊まった感想は、「思った以上にワイキキをドップリ楽しめる!」と言うものです。キッチンもありますし、少し歩くとスーパーもあります。一方でホテル内にレストランやコンビニは無いので、何も作りたく無いときは外出する必要があります。

 

それが逆に「どんな選択肢もアリ」となるので、例えばこれまでのホテル滞在のように朝食で迷ったときに「ホテル内のABCストアでいいや・・」とはならず、「近くのカフェに行ってみようか?」となります。夜も外食の気分で無いときに「スーパーでも寄ってみる?」となったりします。

 

あくまで例えですが、何でも揃っている一方で微妙にホテル内では完結しないことで、その分観光から一歩踏み込んだ選択肢を検討出来る、そんな初コンドミニアムの滞在になりました。ちょっと上手く伝えられていないかも知れませんが、普通のホテル滞在とは別の楽しみ方が可能でオススメです!

そして何度も言いますがこれが無料(延泊1泊分は有料)なので、是非色々な方に体験して欲しいです。まずはヒルトンの説明会からですね!

ヒルトン説明会を体験された方のブログを貼らせて頂きます。ご参考までに!

f:id:pharmb:20171228223922j:plain

スポンサーリンク