My Superior Life

「お得にちょっと上質」をテーマに旅行情報やANAマイル利用法、SFCについて、札幌での生活、ときどき薬剤師らしく健康に関する情報を発信していきます。

ルスツリゾート ウェスティン旅行記③:満足度高めのディナーブッフェ「オクトーバーフェスト」

f:id:pharmb:20170719181122j:plain

ルスツリゾートには数多くの飲食店がありますが、夕食で一番人気だと思われるのがブッフェレストランの「オクトーバーフェスト」です。今回の宿泊は食事無しの素泊まりでした。大人は一人5,940円となかなか強気の設定です。

結果としては金額を考慮しても、行って良かったと思える圧巻の食べ放題でした。当初「リゾートにありがちなファミリー向けの食べ放題かな」と甘く見ていましたが、良い意味で裏切られた形です。料理の質も色々な意味でお腹いっぱいになり元気をチャージできました。よくその様子をまとめたいと思います。

過去の記事はこちらから ↓

スポンサーリンク

 

ここまででお気づきの方も多いかと思いますが、ルスツリゾートは結構広大です。ウェスティンから、遊園地やプール・今回ご紹介する「オクトーバーフェスト」のある方面に移動するには国道を挟んでいます。ですがそこを徒歩で移動する必要はなく、モノレールが整備されています。

下記マップで国道の下を抜ける謎の通路があるかと見えるかと思いますが、それです。

f:id:pharmb:20170719182728p:plain

こちらがウェスティン側のモノレール乗り場です。

時間が決まっているわけではなく、モノレールが乗り場にいない場合はボタンを押すと来てくれるというシステムです。と言っても余程の閑散時間以外は常に行き来しており、ボタンを押そうが押すまいが来てくれる気はします。それでもボタンがあれば押したいのが人間です。

f:id:pharmb:20170719183319j:plain

では、出発です!

最前列に乗るとこんな感じで景色を楽しめます。子供で無くてもワクワクしてしまいます。ただすぐ隣に運転手さんがいますので、あまりワーワー言えません。速度は少し早く歩くくらいです。

f:id:pharmb:20170725162704j:plain

少し進むと下りです。そしてトンネル。結構狭いトンネルで、30代の大の大人がモノレールの天井を擦ったりしないか本気で心配していました。

f:id:pharmb:20170725162720j:plain

そして昇ります。結構傾斜が急です。左側に見えるのは恐らく体育館です。「~&コンベンション」と付くだけあって研修所的な面もあり、社員旅行や学生さんの姿も見られました。ものの10分弱くらいでサウスウィングに到着です!

f:id:pharmb:20170725162732j:plain

サウスウィングには飲食店やお土産屋、ホテルがあります。屋外に出ると遊園地や屋外プール、ハイキングコースがあります。人がいないように見えますが本当に人がいません。まあ平日ですし・・。

f:id:pharmb:20170725164554j:plain

屋内プールには行きましたが、残念ながら撮影禁止との事で写真は無いです。屋内にしてはかなり長いウォータースライダーがあり、ほぼ貸し切りだったので5回くらい楽しみました。波の出るプールがメインですがやや狭く、深さも中途半端なので大人がしっかり泳ぐという目的には適していません。

もちろん宿泊者は無料で利用できますが、結構ガラガラです。維持でかなりのコストが掛かっているはずで、少し勿体ないかなとは思います。

館内にこんな大きな犬のぬいぐるみが突然いたりします。演奏したり、モゾモゾしゃべったりしますが英語が聞き取れず、何を言っているのかちょっと分からないです。そして閑散さも相まって少し不気味な感じすらします。

f:id:pharmb:20170725165113j:plain

夢に出てきそうな感じです。目が合ったりするとちょっと・・。

f:id:pharmb:20170725165353j:plain

かと思えばもの凄く立派なメリーゴーランドがあったりします。2階建てはディズニーでしか見たこと無いです。しかも室内にあるアンバランスな感じ。これに無料で乗れたりします。結構子供に人気でした。

f:id:pharmb:20170725170509j:plain

スポンサーリンク

 

では、オクトーバーフェストに向かいます。

18:30頃に到着しましたがまだスムーズに入れました。これがもう少し遅くなってくると結構な混雑具合になるようです。帰りには外に並んでいましたので、早めの出発が吉です。

まずは北海道と言えば基本の海鮮です。もちろん酢飯も用意されているのでオリジナル海鮮丼を作れます。

ホテルが位置しているのは山間部ですが、海へのアクセスも良いです。そのためか非常においしい海鮮を味わえます。そして目の前で切っており、多くの人で賑わっているのですぐに空になります。切りたての海鮮を味わえるのはポイント高いです。

f:id:pharmb:20170725171248j:plain

イクラ、甘えびも盛り放題です。

f:id:pharmb:20170725171258j:plain

ピントが全然合っていないのは、料理に夢中だったからです。

f:id:pharmb:20170725172108j:plain

そしてメインはカニです。てんこ盛りです。これを客が次から次へと掻っ攫っていきます。そして従業員の方も無くなるとバサーっと大量に補充していきます。すごい量のカニを食べている集団もいました。

f:id:pharmb:20170725172249j:plain

もちろん専用のはさみ等も完備しているのでキレイに食べられます。札幌でもカニの食べ放題はありますが、それだけで数千円しますので、非常にコスパが良いです。結構しっかり身の詰まったズワイでした。

f:id:pharmb:20170725172418j:plain

もちろんそれだけではなくホットミールも充実しています。一部メンテナンスが追い付いていない箇所があります。すごいお客さんの数と品数なので仕方ないのかもしれないですね。

f:id:pharmb:20170725173043j:plain

f:id:pharmb:20170725173049j:plain

結構肉が多い印象。もちろんサラダコーナーもありますが取っている人はわずかです。

f:id:pharmb:20170725173055j:plain

ブッフェは少しずつ食べられるのが良いですよね。今回の休暇は忙しい仕事の合間で何気に疲労が溜まっていたので、色々な肉のタンパク質は有難いです。ゴルフ帰りと思われる方々も肉とカニとビールで疲れを癒していました。

f:id:pharmb:20170725173521j:plain

天ぷらも目の前で揚げてくれます。エビは揚げたてを食べてもらいたいという事でリクエスト制でした。画像が盛大に白飛びしていたので、変に補正をしています。

奥には網焼きがあり、魚介類が焼かれて良い匂いがします。焼けているものは争奪戦の様相です。

f:id:pharmb:20170725173821j:plain

何気に嬉しいのがらーめんです。ウニ味噌なんて絶対に美味しいに決まっています。リクエストするとその場で軽く茹でて作ってくれます。チャーシューも入れ放題。

f:id:pharmb:20170725174207j:plain

と期待していたのですが、うーん一杯で良いかなー。おいしいのは間違いないですがウニが少しクドく、ミニサイズの丼で丁度良いです。

f:id:pharmb:20170725174341j:plain

スポンサーリンク

 

忘れてはいけないスイーツも充実しています。それもなかなかレベルが高い!甘党なのでほぼ全種類制覇しましたが、食べ放題の安っぽい甘さは感じず、モリモリ行けます。この写真はたまたまキレイですが、実際はもっと荒れています。

f:id:pharmb:20170725174810j:plain

ティラミスとブラウニーです。別腹という事で、このボリュームを3~4皿行ってしまいました。

f:id:pharmb:20170725174842j:plain

アルコールは有料ですが、オレンジジュース、ウーロン茶(画像の黒い液体です)、コーヒー類(マシンが別であります)は無料です。

f:id:pharmb:20170725174907j:plain

このような感じで非常に満足度の高いブッフェを楽しませていただきました。

行く前はもう少しゴチャゴチャした食べ放題を想像していましたが、なかなか質の高い料理を堪能できました。ルスツに泊まられる際は、是非1度はオクトーバーフェストに足を運んでみてください。

 

食事が終わって少しブラブラしたかったので外のイルミネーションを眺めてゆっくりしました。北海道の夏は昼間は少し暑くなりますが、夜は過ごしやすく散歩がオススメです。不思議と虫も寄ってきませんでした。

f:id:pharmb:20170725180236j:plain