My Superior Life

「ちょっと上質」をテーマに旅行情報やANAマイル利用法、SFCについて、札幌での生活、ときどき薬剤師らしく健康に関する情報を発信していきます。

募金で運が好転しだすかも!?無理せず日常的に続けられる3つの手法

f:id:pharmb:20170702173133j:plain

※画像は本文とは一切関係ありません・・。怪しげなタイトルですね、変な事を書いているのは承知の上です。

 

皆さんは募金についてどのように考えていますか?

「毎月コンスタントにしている」という方もいれば、「全く気にしたことも無い」という方もいるかと思います。私自身は今回紹介する3つの方法でコンスタント&負担に思わない範囲で募金を日常生活に取り入れています。

本格的に実践している方から見れば、もしかしたら「そんな少額で・・」とか思われても仕方ないかもしれません。ただこれは、自分がどう思うかが全てです。

 

まとめ記事のような形式になりますが、形としてこのような方法もあると紹介出来ればと思っています。やるやらないはさておき、参考までに見て行ってください。

 スポンサーリンク

 

 そもそもなぜ募金を始めたか

募金を始めたきっかけは、何年も前にいわゆる投資・金持ち関連の本で「お金持ちは募金や寄付を欠かさない」という内容を見たからです。なんでも、お金持ちになったから寄付をするわけでは無く、寄付をするマインドがお金を呼び、結果的にお金持ちになったんだとか・・・信じられない話ですね、そしてしばらくは信じませんでした。もちろん今でも信じる気持ち半分と信じない気持ち半分です。

 

その後、色々な資産家の方の情報をネットで調べたり、周りの比較的お金を持っている方から聞いた話で、確かに多くの方が募金や寄付に関わっていることから「これは偶然?」と思います。ソフトバンクの孫社長も大震災の際に多額の寄付をしたことが大きなニュースで報じられましたね、色々と憶測で言われていますが凄い事だと思います。

 

それ以降、動機は不純(?)ですが、私も募金を始めようと色々な方法を模索しました。中にはあまり続かなかったものや失敗もあり、紆余曲折を経て今回紹介する3つの方法がベストではないかと考えています。

ここで重要なのは、「毎日の生活の範囲内で」、「負担にならない金額を」と言う事です。少額でも続けて数年経ち、徐々に良い変化が起きてきている気がします。後から思えば、マイル術や株投資の情報に出会ったのも、そしてそれを実行しようというマインドを持ったのも、募金を始めてからです。

 

と言うことで募金は結構オススメです。

将来的な目標も、ただ単にお金持ちになりたいとか、世界中に好きな時に行きたいというものでしたが、最近は徐々に変わり、自分が投資等で十分にお金を稼ぐことでより寄付や募金が出来るかな~と思っていたりします。

「え、薬剤師はどうした?」と思われそうですが、運よく薬剤師は給料が安定しており、投資の種銭を稼ぐのに適しています。もちろん仕事は全力で取り組んでいます!

 

1、クレジットカードによる募金

良い面

・好きな額を、好きな時に、好きな募金先に寄付出来る。

・税金控除の対象になる。

・クレジットカードのポイントも貯まる(カードの種類により対象外も)。

金額的な意味ではメインの募金です。毎月コンスタントというわけでは無く、何となく今月は少し余裕があるかなと思った時に、5千~1万円をサイトを介して募金しています。ここ数年募金先は決まっており「世界の医療団」のみです。

www.mdm.or.jp

医療系の募金先は「国境なき医師団」が有名ですが、私はややマイナーな団体が好きなのと、こちらの方が中長期的な支援も行っていることから選んでいます。

一見クレジットカードでサクッと募金出来てしまうとお金を出している感が無いように思います。しかし後日募金を受け付けましたという郵便が送られてきて、少し良い事した感が出てきます。もちろんそれ以降もコンスタントに「もうちょっと募金しない?」という郵便も来ます。

 

銀行振込ではなく、クレジット払いの利点については以前勝手に貼らせて頂いたサイト様が参考になります。言及されている通り、振込手数料や手続きの簡便さという利点もありますね。あまり意識していませんでした。

news.cardmics.com

 

2、クリック募金

良い点

・毎日、PCを開くたびに出来る。

・多様な募金先に同時に行える。

・金銭的な負担なし。

先に言ってしまうと少額です。1クリック1円、それも1日1回なので、上記のクレジット募金に比べれば極めて少額です。しかしそれを何サイトも毎日やっていればいつの間にか気づいたら累計数百円になってたりして、結構嬉しくなったりします。大事なのは最初に書いた通り、自分がどう思うかが全てだからです。

代表的なものを貼ってみます↓

仕組み的にはポイントサイトと似ており、クリック時に出てくる広告により企業からお金が拠出される仕組み、と理解しています。

重要なのは繰り返しになりますが「日常に取り入れること」なので、私の場合は仕事から帰ってPCを立ち上げた時に、取り合えず「募金」フォルダ内のブックマークを全部広げます。そしてある意味機械的にポチポチしてます。飽きっぽい私でもとりあえず継続出来ているのでオススメです。

 

 スポンサーリンク

 

3、コンビニのお釣り募金

良い点

・小銭が減ることで、財布がキレイな状態をキープできる

・店員さんからお礼を言われる事もある(?)

・お金のジャラジャラと言う音が気持ちいい

読んで字のごとくです。最近は電子マネーやクレジットカードの決済ばかりになっていますが、たまにコンビニで現金決済することもあります。その際にお釣りの大小に関わらず募金箱に入れてしまう方法です。

これだけ聞くと「500円玉も?もったい無い」と言われそうなので、自分ルールを作ると良いと思います。50円以下は全部募金する、とか。店員さんから渡されたお金をすぐに手放してしまうのは少々寂しいですが、マインドとしては「しっかり貢献してこーい」と送り出す感じです。

 

最近では現金決済が必要な時に募金先でコンビニを選んでいるくらいです。個人的にはファミリーマートの募金箱が好きです。

www.family.co.jp

この方法のおかげで、以前は小銭が貯まるとややふっくらだった財布がすっきりスマートになり一石二鳥です。

 

失敗例、ポイントによる寄付

失敗例もあります。

アメックス等のクレジットカードポイントの交換先に募金があったりしますよね。一度数千ポイントを交換先に選んだ事がありますが、後から「募金せずにマイルにしておけば良かったかも・・」と、しまった感が出てきました。

つまり、無理をしてしまったんだと思います。こういった後からグチグチ考えてしまうのは精神的に良くないです。この結果が予想できるのであれば、やらない方がましです。

 

とは言っても素晴らしい寄付先もあるので、例えばアメックス祭りで数百万ポイント余ってしまい、交換先が限界を超えてしまった等の状況であれば良いと思います。私はまだまだ器が大きくないようです。

社会貢献 - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

 

もちろん、ご存知マイルでの寄付もあります。マイルが余ってしまい期限が切れるという方は失効してしまうよりは良いかも知れません。

www.ana.co.jp

 

以上、今回は少し趣の異なる話題でした。

もちろん寄付をしていれば毎日幸運に恵まれるかと言えば違います。

募金を始めて以降も、仕事で「あーもう終わりだ・・」という事も何度も経験しましたし、今年の株投資成績はマイナスです。それでも全体の生活水準や、将来の方向性は良い方向に向いていると感じます。

繰り返しにはなりますが、「日常生活の中で」「ムリの無い範囲で」良ければ募金してみてください。

f:id:pharmb:20170702222521j:plain

 スポンサーリンク